文化

スウェーデンは英語だけでも生活できる!訛りがないスウェーデン人の英語の秘密。

sponsored link

今日はスウェーデンの英語事情について、1年間の生活の中で現地人と触れ合った結果の印象を書いてみようかなと思います。

1年間スウェーデンで英語だけで生活してみた

結果:全く問題ありません。

役所やスーパー、どこに行ってもみんな気を使って英語でコミュニケーションをとってくれます。本当にこの1年助かりましたね。

ただ一番困ったのは、息子の保育園でのコミュニケーションでした。

外国人の職員は、英語よりスウェーデン語を話したがる人が多かったので、そこは頑張って拙いスウェーデン語でコミュニケーションをしなければなりませんでしたし、行事ごとがあってもお知らせがスウェーデン語だけだったので、本当に困りました。Google翻訳に頼りつつ頑張りましたよ。

スウェーデン人の英語はうまい?

生活する中で一番私が驚いたことは、家に物売りに来た少女(スウェーデンでは小さな子供はしょっちゅう物を売りに来ます。)が流暢な英語を話したことでした。

小学生中学年ぐらいであれぐらいのコミュニケーションを取れたら、もう大人になればネイティブ並みの英語力になるんだなぁと想像がつきます。

調べてみると、スウェーデンの英語教育は小学校1年生から始まるみたいですね。

スウェーデン語は英語と同じゲルマン語族なので日本語話者が英語を学習することに比べたら垣根は低いんでしょうが、それでもコミュニケーションを持とうと言うバイタリティが人々には根っこにあるのかな、と感じました。

スウェーデン人の英語のクセや訛りについて

普通ヨーロッパ人が学ぶのはイギリス英語な事が多いですが、スウェーデンではアメリカ英語のアクセントで話す人は若者を中心に多いと感じました。

以前私はスイスに住んでいましたが、現地人イギリスアクセント英語&フランス語訛りの英語だったので、聞き取るのに苦労した覚えがありますが、スウェーデン人の英語はすっと耳に入ってくるのであまり引っかからずコミュニケーションが取れます。

アメリカ英語がここで馴染みなのは、アメリカのテレビ番組が地上波の字幕付きで放送されているので、それにみんなの耳が慣れているというのもあるとは思いますし、アメリカかぶれのスウェーデン人は結構多いので、文化の影響の面もあるんでしょうね。

それでもスウェーデン訛りの英語というものはあるもので、スウェーデン語の独特のアクセントが英語に出ている人も多々います。

それでもスウェーデンでスウェーデン語は必須な理由

みんなが英語ができても、やはりスウェーデン語が出来るならそれに越したことはありませんよね。

なぜかというと私が英語で話しかけると露骨に顔に出す人もいますので一応スウェーデン語で「英語話せますか?」と聞いてからコミュニケーションをとることにしています。 スウェーデン語を話すと、みんな嬉しそうな顔をしてくれますよ。

ほとんどの方が英語が理解できると言っても、話すのが苦手な人も存在するので、やはり現地の言葉で話しかけることは基本的なマナーだと感じました。

まとめ

ここにタイトルを入力
    • スウェーデンでは英語だけで生活はできる
    • スウェーデン人の英語には訛りがあまり無く、日本人に親しみやすい
  • スウェーデン人が英語ができるからと言って英語でむやみに話しかけることは失礼になることも。

sponsored link

sponsored link