旅行

【寒い?】スウェーデンに来たら絶対行きたいアイスホテルへの行き方

sponsored link

こんにちは、日本はまだ残暑が厳しい中、スウェーデンはもう秋が深まり朝晩は冷え込んでいい感じの気候になってきています。

ところで子育てが落ち着いたら行こうかなと考えている場所があるのです。

スウェーデンといえば、アイスホテルという氷でできたホテルをご存知ですか?

わたし自身もニュースでチラ見した程度なのですが、スウェーデンに来てからあまり観光地らしい観光地に行ったのはストックホルムぐらいで、次に旅行するなら行きたいと思っている場所の一つです。

まずはどうやって行くのかを見てみましょう。

アイスホテルのあるキルナへのオススメの行き方

まずはスウェーデンの地図をご覧ください。

スウェーデンはご覧の通り縦に長い国なのですが、アイスホテルのあるキルナという場所はスウェーデンの北部に位置していますね。北極圏に近いこともあり、オーロラが観測されるので、冬季でも観光客が多い場所です。

首都のストックホルムを見ていただければ分かりますが、かなり遠いところに位置しているのがお分かりになるかと思います。

なので初めてスウェーデンに来る人はアイスホテルまでどうやって行っていいのかわからない!となると思います。

ストックホルム〜キルナ間は列車で移動が可能です。こちらからスウェーデン鉄道の予約が出来ます。

ストックホルムからキルナからは寝台列車が出ています。ちなみに寝台列車の中の感じはこんなの。

列車の外観はこんな感じ。銀河鉄道999みたいですよね。

もちろんですが、中にレストランもありますので食事をすることもできます。

グループ旅行の場合は、食事を事前に予約して提供してもらうことも可能なので、予約番号と連絡先をフォームで送信します

温かい食事や軽食、アルコールも車内で提供しているようですが結構高いですので旅費を節約したい方は電車に乗る前にスーパーなどで食材を買っておくことをお勧めします。

列車のチケットの価格は約9800円〜14000円(片道)で利用できます。週末よりは平日の方が安いようなので、早めに予約しておく事が大事です。

チケット代とは別途で席の指定予約もできます。以下は一人当たりの値段です。

  • シート席:3ユーロ
  • 6人ベッド:20ユーロ
  • 3人ベッド:40ユーロ
  • 個室(シャワー付き):75ユーロ

ストックホルムから北部のキルナ地方までは1000キロ以上の移動のたになりますので、12時間以上はかかりますので列車の旅に慣れてない方はちょっとキツイかもしれませんね。

ストックホルムから出発するなら、近郊のアーランダ空港からもキルナまでは飛行機までいけます。個人的には列車の旅をオススメしたいですが、時間短縮でスウェーデンの色々な所を回りたい方は飛行機の方がいいかもしれせんね。

ストックホルムからはSAS(スカンジナビア航空)かNorwegian (ノルウェー航空)が利用できます。飛行時間は90分程度です。隣のフィンランド行くより遠いですね。

飛行機も列車と価格はほぼ一緒ですので、本当にお好きな旅程を組まれるといいと思います。

キルナに着いてもアイスホテルまではまだ道のりはまだまだです。列車の駅とキルナ空港からアイスホテルまでの交通機関にも注意しておきます。

飛行機の場合…バスかタクシーで15分程度でホテルに到着。冬季(12月ー4月)は犬ぞりでの移動を楽しめるのだそう!所要時間は90分程度。

列車の場合…キルナ中央駅についたらそこからの移動はタクシーで20分程度です。か列車で来たお客さんのために送迎サービスを一人165クローナで提供しているそうなので、問い合わせてみましょう。

 

ホテルの中は実際寒いのか

実際に行って見た人のレビューを読むと

  • 「寝室が当たり前だが寒い」
  • 「寒いけれどいい経験になった」
  • 「保温寝袋とトナカイの毛皮の中に包まって寝るので寒くなかった」
  • 「スタッフがとても感じがよく、細かいリクエストにも応じてくれる」

当たり前なんですが、室内の氷が解けないように氷点下の温度設定になっているので寒いですが、そのような場合はホテルのスタッフがお世話をしてくれるそうなので、心配はなさそうです。

訪れる価値は100パーセント以上ありそうです。

残念な口コミもあったのでそちらも参考になればと思い、一部を紹介しますね。

  • 車でようやくたどり着いたのにスタッフが予約に手間取り、その間寒い場所で小一時間待たされた。
  • 部屋の値段が少し割高な割にレストランの食事や全般におけるサービスがこれといって特別ではなかった。
  • 人気すぎて予約できない。メールをしても返信がない。

 

アイスホテルの氷の施設がメインなのか、朝食が思っていたよりもものすごく質素だったというものが目立ちました。設備にお金をかけているので、それは仕方がないのかなと諦めた方がいいかもしれません。

そしてアイスホテルがとても人気なので休暇シーズンは予約が取りづらいので、ホテルのスタッフが対応できていない状況があるようなので、予約できたらラッキーという気持ちで早めに予約を確認しておかなければならないようです。

 

ホテルは博物館として訪れることも可能

もちろんホテルに泊まらないけど、アイスホテルがどんなのか見てみたいという人には朗報です!

ちょっと高いからアイスホテルには泊まらないけど、観覧料(3900円)を払うことで、アイスホテルの客室を観覧できます。キルナには他にもホテルはありますので、オーロラ見るついでにアイスホテルに立ち寄る人も多いようです。

そのほかにもアイスホテルではグループイベントが用意されていて、冬季はスノーモービルを楽しめたり、氷の彫刻の体験ができたりと、貴重な旅の経験が沢山できますね!

 

いかがでしたでしょうか? スウェーデンでも有数の観光地の一つなので記事としてまとめて見たんですが、思っていた以上に楽しそうな場所なのでキルナには一度は行きたいという思いが強くなりました。

 

sponsored link

sponsored link