パソコン

【2018年8月】Amazonアソシエイトの審査に通るためには記事数は関係ない!

sponsored link

私がAmazonさんのアフィリエイトのプログラム「Amazonアソシエイト」に挑戦してから空白期間を含め3年が過ぎようとしていました。

Amazonさんは厳しいと聞いてはいたけども、私にとってはGoogle Adsenceよりもハードルが高かったです。

今年2018年、今年は絶対に雪辱を晴らすためにAmazonアソシエイトの審査に再挑戦!

再挑戦の1回目から審査に通るまでは、ブログの記事も20記事程度だったし中身も手を抜いている訳ではないのに審査に通らない。

他のブロガーさんが色々記事を書いてくださっているのを参考にしながら、再申請をして研究する日々が続きました。

私が思考錯誤した事、注意点をまとめてみたので是非参考にしてください。

審査時間はどれぐらい?

Amazonさんの仕事はかなり早いです。営業日1〜3日で結果をお知らせしますね〜と言うメールをもらうと思うんですけど、3日もかかったことはありません。私の場合はいつも1日以内に結果が貰えました。

時間がもったいないので、落ちたら諦めずにどんどんとチャレンジしてみましょう。

記事数は多い方がいい?

記事数はご覧の通り、20記事前後から始めました。

多ければ多いほどいいとは思います。けれども私が何回か審査に落ちた時に思った時はブログ記事は量より質なのかなと言う印象です。

ですので、他のブロガーさんが記事を書いているのを見たら10記事以下でも審査に通っているのもちらほら見ましたし、あまり気にしなくて良いとは思います。

質の良い記事が多ければ多いほどいいけれど、独りよがりの日記みたいな記事を書くよりはだれかに読んでもらえる質の高い記事を心がけてブログ記事を書くことに集中した方がいいです。

他のアフィリエイト広告は貼らない方がいい?

私は審査に落ちつづけていた時はアドセンスの広告や他のアフィリエイト広告を貼り付けていました。

すべての広告を取り外す作業をしてから再申請を行いました。ぶっちゃけこの作業が一番面倒で骨が折れます。記事数が多くなれば大変になる作業なので、記事数が少ないうちに申請を始めておく方が良さそうですね…。

結果的に審査に通りましたので、世間で言われているように他社の広告を貼り付けたままで申請をすると、結果に影響を与えるのはあながち嘘ではなさそうです。

Amazonアソシエイトを利用したい時は、面倒ですけれどもアドセンス等の広告外しておきましょう。

もしもアフィリエイトはAmazonアソシエイトよりも審査がゆるい?

Amazonアソシエイトに落ち続けていたので、最後の頼みの綱もしもアフィリエイトさんでした。

どう言うことかというと、もしもアフィリエイトさんを通してAmazon広告が利用できちゃうんですね。 その分手数料は多めに取られちゃうみたいですが。

もしもアフィリエイトさんに申請したときもアドセンス記事を貼り付けたままでした。1週間後メールが来て審査が否認されたとのメールが来ました。当たり前ですよね・・・。時間の無駄でした。

もしもアフィリエイトだからと言って審査基準を満たさないブログは落とされます。

後々のことを考えてみてももしもアフィリエイトからAmazon広告を利用するより、ガチンコでAmazonアソシエイトに挑戦して審査に通りたいものですよね。

その他:審査に通りやすくするために試して欲しいこと。

私が他にも試したことをまとめてみました。

  1. ブログのテンプレートを変えてみたこと
  2. Amazonのサービスをレビューする記事を追加したこと
  3. 自分がAmazonのユーザならば所有するアカウントとアソシエイトを紐付けすること。

この3点は結構大事だと思います。

1番目のテンプレについては上位に上がるブログだろうな、というものと誰もこんなブログ読まないだろうな、というものブログを見れば一目瞭然だったりします。

ちなみに前は賢威という有料テンプレートを使っていました。アフィリエイターには定番のテンプレでSEO対策などがバッチリのもの純粋にアフィリエイトサイトを作成したいときにはオススメです。

個人的にずっと賢威を使いたかったのですがカスタムするのに骨が折れるテンプレなんですよね。

主婦になった今カスタムに費やす時間は限られていたので、今回はJINを購入して審査に出してみたところ、ポジティブに働いたようです。

後々PV数などを考えると読みやすい洗練されたレイアウトを導入することはとても大事です。

2点目のレビューについては、他のブロガーさんの記事で目にして実践してみました。具体的に言うとAmazonの知名度や商品を紹介してくれるブログである事をアピールする事です。

つまり、Amazonアゲ記事を書くと審査に良い方向に働くという意味では、レビュー記事を1つでも書いておくといいです。

現在はAmazon Primeやオンデマンドサービスが話題なので無料体験を試しながら楽しく記事を書いたらAmazonも自分もWin-winにになりますのでオススメ。

私の場合はKindle Unlimitedのことについて記事を書いてみました。

さらにアソシエイトに申請する時、Webサイトの紹介文を記入する欄があると思うのですが、適当に100文字以下で自分のサイトを紹介して満足していませんか?

250文字まで記入可能です。

  • できるだけ具体的にこのブログがどうしてAmazonの広告サービスを使いたいのかその理由を書く
  • ブログを通して自分が読者にどのように働きかけて購買意欲を引き出すのか

この2点に気をつけて私は自分のブログをアピールしました。

何回も申請し直す大変な思いをするぐらいだったら、250文字に時間をかけてAmazonに訴えるのかを考えた方がいいですね。

3点目は自分がAmazonのユーザーならば購入履歴があるアカウントをAmazonアソシエイトに申請するときに使うと審査に効果的に働きます。

これも世間で広く知られている知識なので、何も買ったことがない!!という方は何か小さいものでもいいのでAmazonで購入してそのアカウントを使う事をオススメします。

 

できるだけ多くの人に役に立てればな、という思いで記事を書いてみました。一番大切なのは諦めずに審査に通るまで申請し続けることが大事です!

申請するのにはお金がかかるわけではないので、じゃんじゃんトライしてみましょう。

 

sponsored link

sponsored link