ガジェット

電子書籍が無料のモノも利用できる!オススメのKindle unlimitedの料金とコスパを検証

外国にいるとどうしても活字が恋しくなりませんか?

私はいつでも日本語で会話できない環境で暮らしているので慢性的な日本語不足です。そこで毎日お世話になっているのがAmazonの提供するサービスKindle。

それに私ブログを書くのに本を読んでインスピレーションを頂いたりすることもあるので、Amazonの電子書籍はしょっちゅう利用しています。

このKindle Unlimitedに登録すると1か月は無料で2か月目から月額980円…

一年に換算すると980×12=11760円となります。

漫画や雑誌、本を読み放題と考えたらかなりお買い得ですし、本の新刊が1000円以上することを考えると1,2冊Amazonから購入すればもう元は取れてしまいます!

女子的な視点でいうと、月に5000円ぐらいはコスメで無駄遣いすることもザラですから、この投資を本に置き換えるだけで有意義なお金の使い方になるわけなんですね。

Amazon Kindle unlimited を登録する前にAmazonアカウントを持とう。

まずAmazonそのもの自体を登録したことがない人は是非この機会に登録を済ませておきます。

最近にぎやかになってきたAmazonのトップページ。上のメニューの所にカテゴリがあるのでそこをクリックしてみます。

非常に分かりづらい場所にありますが、赤で囲った場所をクリック! そうすると、Amazon Unlimitedのトップページが現れるのですが、その詳細を抜き出してみると

  • 月額980円で本、コミック雑誌及び洋書が読み放題
  • 30日間は無料体験できる

この2点しかはっきりと書かれていないので、利用規約を読みつつ登録することになるんでしょうが、はっきり言ってメンドクサイ!と言う方にAmazon Unlimitedの注意点を簡単に書いてみようかなと思っています。

Kindle Unlimitedを登録する際の注意点

今回私は初めての登録をしてみます。と言うわけで30日間は無料体験ができるわけなのですが、Kindle Unlimitedの利用規約を少し読んでみましたところ、

  • 指定されたタイトルリストから選び何度でも読むことができる
  • 日本国内のみのサービス
  • 請求前にお客様が会員登録取消の希望あるいは自動更新を希望しない旨を当サイトに通知いただかない場合には、お客様のKindle Unlimited の会員登録は自動的に更新
  • 無料体験期間中いつでも、アカウントサービスを通して無料体験期間の終了後は有料会員登録をしないという選択をすることが可能
  • 会員登録が取り消されると、お客様が本プログラムから選択されたタイトルはお客様のアカウント、端末およびアプリケーションから削除されます。

ざっくりと読むとこんな感じです。

会員登録を解約すると、ダウンロードしたタイトルは全て消去されることになるようですしどの本が読み放題の対象になっているかはどうやら自分で調査するしかなさそうです。

Kindleは持っておくべき?

ここでふと思った方もいらっしゃると思いますが、Kindleは持ってたほうがいいのかな?という疑問についてですが、

最近はお使いの端末上でKindleのアプリをダウンロードすることでKindleのサービスを利用することが可能です。

 

ただ、本の虫ってぐらいにかじりついて読むぐらいの人は読書に特化したKindleを持ってた方が良いです。

私はKindle Paper whiteというシンプルな端末を使っていますが、

  • 基本的にバッテリーのもちが良い
  • 好みの明るさや文字の大きさを変えることができる
  • 持っているPDFもKindle本体に移して読むことも可能
  • 軽い

この3点がKindleの魅力だと思っています。購入を迷われている方は即買いしてもいいぐらい活躍してくれますよ。

Amazon Kindle Unlimitedで利用可能な図書数とは

個人的に気になってた疑問なんですが、どれぐらいのタイトルがKindle Unlimitedで利用可能なのかをざっくりと検索で調べてみましたところ

20万件以上のタイトルがヒット!

さらにAmazon Kindleの売れ筋TOP20まではUnlimitedのタイトルが名を連ねていますので、読みたい本がさらに増えそうですね。

アマゾン一押しのサービスなだけあって無名なタイトルから有名どころの文庫本や雑誌を網羅していますので、本好きには他社のサービスにはない情報量が魅力です。

もちろんすべて読みたい本が電子書籍化はまだまだされていませんが、有名どころは大体Kindleで読めてしまう時代なのでミニマリストにはありがたいサービスです。

Amazon Prime readingとはどう違う?

最近人気のAmazon Primeの動画や音楽のサービスがありますね。

Amazonの通販の最短お届けを頼めるほか、映画や音楽を楽しむことができるサービスに加えて、Prime Readingという読書サービスがそのAmazon Primeのサービスに含まれているようです。

Amazon Primeの紹介のページにもハッキリと書かれている通り

利用できる書籍が数百冊…ということなので、Kindle Unlimitedのほうが圧倒的な書籍数をダウンロードできることになります。

分かりやすく言うとPrime ReadingはAmazon Primeの一部のサービスに対してKindle Unlimitedは電子書籍に特化した独立したサービスなので全然違うものだとお分かりいただけますね。

Primeのお値段が400円に対してKindle Unlimitedは980円。毎月本を買われている方はKindle Unlimitedにされた方が家の省スペース化もできますし、経済的にもお得になるかもしれませんね。

読書の秋はAmazon Unlimitedで過ごそうかなと思っています。