雑記

高学歴ニートで職歴なし。でも大丈夫!30代女が海外で生きがいを見つけるまで

sponsored link

私は親に大学まで出してもらいましたが、時代は就職氷河期でした。その先に見えたものとは?

大学に入るまでは順調だった人生
このページを開いてくれている皆さんは、30代になるまで
どんな人生でしたか?
もう一度思い返してみてください。
私は去年30代を迎えて、今までの人生はっきり言って失敗続きでした。
就職に失敗し、引きこもりののちもフリーターで20代を終えました。
私は国公立大学をでているのにも関わらず、
今一つ自分のやりたいことが見つからないまま卒業。
その後親の見ている手前で正社員で見つけた仕事も不眠症になり3ヶ月で辞めました。

しばらくして婦人科系の病気になり手術。

家に長いこと引きこもっていました。
前は周りの子は順調にキャリアを積み頑張っているのに、

ぽつねんと社会の隅に取り残された気持ちでした。

このままではいけない…と思いあまり対人関係でストレスの感じないバイトを見つけました。
ホテルの裏方でせっせと働いて貯金して
フリーター時代に出会った外国人と5年間遠距離恋愛ののち、結婚。
ここまで来たらハッピーエンドじゃん、とお思いでしょう。
世間は甘くありませんでした。
相手の男性が働く意思が弱い人で
時間が経つにつれ価値観や経済的に困窮しはじめてから目が覚めました。
日本へ帰り離婚を決意しました。
こうなっては、表面的にみれば社会不適合とレッテルを
貼られても仕方ないです。

事実なんですから。

自分に正直になる

出来なかったことはわ〜わ〜 泣き叫んでも

タイムマシンで過去を書き換えができるわけもありません。

現実に起きたことの事実を認めるんです。

大事なことはこの今の自分に何ができるか考える事を忘れてはいけません。

周りと自分を比較しない。

自分が1番だと自信を持つ

周りがキラキラ輝いて見える?

そんな事当たり前ですよ。だって誰しも都合の悪い事は隠すじゃないですか。

Facebookがその最たる例です。

タイムラインには綺麗な南の島でのバカンス、
真新しいブランド物で身を包むセルフィー、わいわいとしている様子のバースデーパーティーの写真・・・。
自分の為にならない情報見て落ち込む暇があるならアカウントを消して、

自分の好きな本を読んでたほうが、100倍マシだ、と決意。

Facebookを永久に消し去ってから、私の時間はその分他の事に使うことができました。

自分が失敗したこと、それは無駄にはなりません。

たとえば、私は社会人になりそびれて20代はずっとフラフラしていて
、社会人をやっている同級生よりもお金がなくて貧乏だったけれども、

彼らとは全く違う時間を過ごし、色々な人と出会い外国語を習得して

無職でもそれらの経験は長い人生の養分となって役になっています。

離婚してボロボロになった自分。

離婚したときは涙が1リットルじゃ足りないぐらい毎日泣いていました。

ある時
遠藤周作の「深い河」
という作品を読み、
これだ!

と早速小説の舞台となるインドへの航空券を気がついたら買っていました。

よくある話ですが

インドに行けば

「価値観がひっくり返される。」

ですが、当時ボロボロだった私はインドに何も期待してなかった。

とりあえず日本を離れたい! ゆっくりとした時間の中で
少し休みたいという一心でした。
インドに着いて

そこでわたしが見たものは

小さい子供でも暑いながらも カフェテリアで汗をだらだらと流しながら
せっせと料理を運んで必死で働いてる姿です。
あの子はたった10歳ぐらいでした。 親の手伝いをしているか
家族のために働いているんでしょう。

食べ物がない子供は小さな器をもち屋台から屋台に物乞いをしていました。

多くの人が行きかう路上で邪険にされながらも必死で食べ物を探す姿。
その顔には笑顔はないけれど、綺麗な曇りのないガラス玉の様なきらきらとした眼差しで
こちらを見ていました。

(画像はイメージです)

日本へ帰る飛行機の中でずっと考えてました。

あの子は自分の運命を呪わないのかと。

多分ですがあの眼差しからは

人生に対する憎悪や妬みなどのドロドロしたものは感じられなかった。

フリーターを通して私が得たもの

日本社会でレールを外れたら元に戻るは難しいと言いますが、

あれは嘘ですね。

わたしはフリーター時代に色々な人と出会い、
人脈を築く事ができました。
その人脈を使えばまた外れた道に再び戻る可能性多いに可能です。

無職ならその時間を利用して人と繋がる努力をすることが大事

無職ならネットやSNSをサーフィンする時間が

沢山あると思います。

 

その中で無駄に時間を過ごすのではなくて、

自分と似たような境遇の人とつながるだけでも

社会復帰の光が見えてきたりします。

例えば

私は夜遊びが好きでよく夜の街にぶらぶら出かけたりしました。

お酒が入ると皆本音が出るんです。

そこで、とんでもないお金持ちと出会うこともあるし

経営者にも出くわしたりしました。

遊びの場でも人脈を広げることはいくらでも可能です。

 

30女無職フリーターバツイチの現在

気になる私の現在ですが、

離婚協議中に出会った知り合いに紹介してもらった

人が今の夫です。

離婚して1年後、結婚しスウェーデンに来ることになりました。

こんなに人生が流転しているのも、人のつながりを

辛い時でも失わなかったおかげだと思っています。

 

今はスウェーデンとと言う土地で一から自分がキャリアを積めるチャンスを

着々と準備中です。

 

まとめ

人生で一番大事なのは

・人との繋がりを大事にし、連絡を欠かさないこと

・いつでも希望は自分の中にあることを忘れない

・あきらめてもいい。一回休め!また挑戦したらいい。

・自分の事を大事にする。自分と他人は違う世界に生きていることを理解する

 

上から目線でごめんなさい。 でも、事実です。

失敗ばかりの人生。今は失敗さえも他人に自慢できるぐらい
充実した人生です。

これからもよろしく、人生。

 

sponsored link

sponsored link